ぶるーらいおん

どうでもいいことを好き勝手に書いています アフリエイト非参加

15万円以下のRAW現像向きノートパソコン

※ 当ブログはアフリエイトプログラム等に一切参加しておりません。そのため、筆者の主観で選定しています。また、値段や情報については2020年12月現在のものとなっており、現在とは異なる可能性もございます。

 

前回の記事でもパソコンを紹介しましたが、高すぎるという意見があり作ってみました。

 

今回は印刷をしないという前提で、SRGBカバー率が高い(できるだけ100%か近いもの)液晶搭載モデルにしています。またRAW現像で使うことからもCPUはCore i7/Ryzen7 モデル、メモリは16GB以上としています。

 

15型モデル

いずれも15万円以下にも関わらず、外部GPUSSD搭載モデルです。メーカーサイトにもSRGB100%(比かカバー率かは不明)が明記されているため、色域は広く、印刷しない分であれば十分に使えると思います。13・14型モデルよりもスペックに余裕があることから、自宅据え置きであったり、滅多に持ち運ばない場合は15型モデルの方がコスパがいいです。気が向いたら13型・14型モデルについても書きます。

 

raytrek R5

www.dospara.co.jp

スペック(一例です)(カスタマイズ可)

Intel Core i7 10875H + 16GB DDR4-2666メモリ + 1TB NVMe SSDNVIDIA GeForce RTX 2060  SRGBカバー率約99%  137,478円

32GB DDR4-2666 メモリモデルは148,478円 

※ 2900円+税で16GB DDR4-2933 にできるのでこちらの方がおススメです

結論から言うと今回紹介する中では断トツにハイスペックです。3つ紹介しますが、おススメはこれです。コスパの高いBTOパソコンで有名なドスパラの作るクリエイターノートです。国内BTOだとマウスの方が有名かつ種類も多いですが、ドスパラにもraytrekというブランドがあります。スペックは文句のつけようがないレベルかつ、この値段で実現してしまうあたり凄いです。また、発送もBTOにも関わらず数日以内であることもうれしいです。残念な点はドスパラ全体に言えますがキーボードが特殊なことです。個人的にはこれだけ安いので余った分でカラーマネジメントモニターを買うのもアリだと思います。

Mouse Daiv 5P

www.mouse-jp.co.jp

スペック(一例です)(カスタマイズ可)

Intel Core i7 10750H + 16GB DDR4-2666メモリ + 1TB NVMe SSDNVIDIA GeForce GTX 1650  NTSC比72%(SRGB比約102%)  139,800円

マウスDaivシリーズの中でも15型のエントリーモデルになります。マウスはほぼ全てが長野県飯山で製造され、さらに製造品質も高いことで知られています。全体的に少し高めな印象のモデルもありますが、アフターサービス等も充実していることから番人におススメできます。1.53Kgと比較的軽量である点もメリットです。

Dell Inspiron 15 7000

www.dell.com

スペック(一例です)(カスタマイズ可)

Intel Core i7 10750H + 16GB DDR4-2666メモリ (8GB×2で片方はオンボード) + 1TB NVMe SSDNVIDIA GeForce GTX 1650Ti  SRGB100%  15万円程度

まずDellは定価はありますが、基本的に常にクーポンが適用できるため目安程度の値段となっています。セール時期は色々とネットに出ていますのでググってください。上2つに比べ納期も遅く高いことから積極的におススメできる理由は特にはないですが、タイミングが合えばお得に買えると思います。(適当でごめんなさい) XPS13よりはいいスペックです。

 

まとめ

ドスパラもマウスも結構品切れになる確率が高いです。品切れになると次の入荷まで1,2ヶ月程度時間がかかることもあるので早めの購入がいいと思います。印刷はあまりしないのでSRGBの色域で十分という方も多いと思います。実はSRGBカバー率の高いモデルは意外と多いのでもしかすればもっといいモデルがあるかもしれません。高いパソコンは嫌だけど、RAW現像でイライラするのも嫌、という人の役に少しでも立つことができればと思いました。