ぶるーらいおん

色々なヲタクですが、興味のあること以外は全く関心がありません

ポータブルSSDの自作手順 KIOXIA SSD+ Inateckケース

高校を卒業したときに買ったポータブルHDD(WD製)がちょうど丸4年経ったことから、新しくすることにしました。しかし、考えているうちに自分で作ったほうがSSDの型番もわかるしいいのでは?*1と思い、自作するに至りました。

ちなみに高校のときにWDを買ったのはHDD本体を自社製造しているという理由でした。

 

自作メリット

ドライブの保証期間が長い(大体3~5年)こと。外付けの既製品は多くが1年保証です。

ドライブのメーカーを選べる。自分で選べるのでこだわったものが作れます。

デメリット

それほど安くない。

内蔵SSDの選び方

HDDは東芝、WDとSeagateくらいしか最早ありませんので選びようがありませんが、SSDは内蔵ドライブも多くのメーカーから出ています。激安品もありますが、品質が安定していない可能性が高く、メーカーによってはSSDを製造せずに他社から仕入れたものをパッケージングしている場合も消費者側からはわかりませんし、運次第です。

個人的にはcrucial(Micron)、Samsung、WD(Sandisk含む)、KIOXIA(東芝メモリ)などはいずれも定評があり安心して使えるかなと思います。いずれも自社でSSDを製造しています。今回は関係ありませんが、Cドライブとして使う場合にはKIOXIAはクローンソフトが付属していないので注意が必要です。

使用品

SSD本体(内蔵SSD)

主にM.2NVMeとSATAどちらかが主流だと思いますが、NVMeの方がコンパクトで安く、スピードも速いですが発熱がより多いです。SATAの方が安く、選択肢は広いです。予算との兼ね合いで決めればいいと思います。既製品だとNVMeのものはまだあまりありません。

KIOXIAのものにしました。理由は先程あげた4社のSATA SSDの中で一番安かったからです。KIOXIAに限らずネットには正規品と並行輸入品があるので十分気をつけてください。並行輸入品はリスキーなので個人的にはおすすめしません。KIOXIAのSSDは金属製とちょっと豪華な作りで、スピードはcrucialやsamsungに比べ落ちますが発熱が少ないという評価だそうです。

SSD ケース

Inateck 2.5 インチ HDD ケース USB 3.0 FE2013

Inateck 2.5 インチ HDD ケース USB 3.0 FE2013

  • メディア: エレクトロニクス
 

SSDの規格と大きさ(SATAであればほとんど2.5インチ)とUSB規格を間違えずに選びます。この分野の製品はとにかくサクラレビューがとにかく多いのでレビュー探偵とサクラチェッカーの両方を使い、大丈夫そうなメーカーのものに絞りました。inateckは前回2018年のSSD換装の際にも購入していて問題なく使えたので選びました。

自作手順

あくまで参考程度にしてください。今回は一つの例として載せています。

SSDをケースに装着する

f:id:peugeot208:20210120122624j:plain

ケースに付属しているスポンジをつけると空白スペースがなくなるのでオススメです。スポンジをつけたあとにケースに蓋をするのですが、その際に接地面と反対側が浮いてしまうことがあるので、そのときに浮いた側を抑えながら蓋をするといいです。

パソコンにケーブルで接続し、フォーマット(初期化)をする

ケーブルで接続してもWindowsのPCのデバイスとドライブでは認識されません。そこでWindowsの左下のスタートボタンを右クリックし、ディスクの管理をクリックします。

クリックすると以下のような画面が出るので、ディスクの初期化を選択します。

この際MBRとGPTを選択します。SSD換装だとこれを間違えると致命傷になりますが、今回はシステムドライブではないのでそれほど神経質になる必要はないと思います。2TB以上ならGPTである必要があります。現時点ではGPTの方が主流な上、以前使っていたHDDがGPTだったことからGPTでフォーマットを行います。

f:id:peugeot208:20210120123256p:plain

次へをクリック

f:id:peugeot208:20210120123242p:plain

デフォルトのまま最大値にして大丈夫です。

f:id:peugeot208:20210120123824p:plain

次のドライブ文字を割り当てるを選択。他のドライブとかぶるとわかりにくいのでD以降ならいいかと思います。気にしすぎずに。私はKIOXIAだからKにしました。

f:id:peugeot208:20210120123907p:plain

ここもデフォルトの次の設定でフォーマットを選択。中の部分は特にいじっていません。新品未使用なのでクイックフォーマットで十分だと思います。

追記

フォロワーの方から新品SSDでも不良セクターのある可能性があることから、心配な場合にはクイックフォーマットにしないほうがいいという趣旨の意見を頂きました。心配であれば通常のフォーマットで行うことを推奨します。

f:id:peugeot208:20210120124144p:plain

完成すると以下のような画面が出ます。フォーマット自体はクイックですし1分もあれば終わります。

f:id:peugeot208:20210120124318p:plain

これにて正常に表示されるようになりました。

f:id:peugeot208:20210120124249p:plain

まとめ

テレビ用のHDD/SSDもケースにはめてテレビに接続し、テレビで初期化をすれば録画用に使うことができます。既製品を買うより若干安く、そして何より安心して使うことができるので本当に便利です。

参考までにスピードの計測結果も載せておきます。Inateckの付属ケーブルで接続しています。

f:id:peugeot208:20210120125105p:plain

 

*1:完成形の外付けSSDの多くは中のドライブのメーカーがわからなく、粗悪品が混ざっていることもあるので

HP ENVY15 ep-0000 パフォーマンスプラモデルを使ってみて

到着から2週間、随分とこのパソコンにも慣れてきました

 

peugeot208.hateblo.jp

 

2週間の間にRAW現像や、ETS2というトラックの運転ゲームをしたりしました。

せっかくなので色々な計測結果を載せても良かったのですが、すでにそうしたものは多く出回っていること、最高峰のパフォーマンスを求めるのであればCore i9搭載のクリエイターモデルを使うことからも今回はなんとなくのレビューとします。

 

最適化されたAdobe製品

このパソコンはクリエイター向けに開発されているためか、Adobe製品がとにかく使いやすいです。主にPhotoshopLightroom CCで写真編集、写真管理にAdobe Bridgeを使用しています。いずれのソフトでもサクサク動くため、イライラすることがありません。唯一、LightroomCCで写真を読み込むときに500枚程度読み込んだ際に固まってしまったものの、動作が停止したわけではなく、読み込みが完了すると固まらなくなったことからも、細かい点を気にしなければ100%です。Lightroom CC読み込み時にはメモリの使用量が23GBにまで行ったことからもメモリは32GBあれば現時点で問題ないと思います。こうした製品の使用時にはそこまで音はうるさくないです。

一方、ソフト自体が軽いNikon Capture NX-Dでは編集をしていた際、何度か固まってしまいました。相性の問題かなと思います。

 

音さえ気にしなければある程度楽しめるゲーム

そもそもこのパソコンはクリエイターモデルなのでフレームレートが60fpsなので本格的な場合には向いていませんが、それでも十分に動きます。ETS2では4Kで動作させても固まらず動きますし、Full HD動作程度にすればよりスムーズになります。GeForce RTX2060 With Max-Qという通常のRTX2060よりも控えめなGPUですが、性能は非常に高性能だと思います。一方、ノートパソコンの宿命か、ファンの音はとにかくうるさいです。

 

カラーキャリブレーションされた高品質な液晶

工場出荷時にカラーキャリブレーションされているため、非常に正確な色を出すことができます。また、色域変換を行うことができるため、用途に合わせ変えていくこともできます。通常時はデフォルトモードで、写真編集時にはSRGBモードで、動画を見るときにはDCI-P3モードで見ています。特に同じ動画をデフォルトとDCI-P3モードで見比べたときには、後者モードのほうがきれいでした。また、筆者は普段から有機ELスマホのGalaxy S10を使っているので感じませんでしたが、有機ELを使用している点も大きいのかなと思います。

 

まとめ HPノートパソコンのフラッグシップモデル

実はこのモデルはHPのフラッグシップではありません。ENVYシリーズの上にはSpectreシリーズがあります。こちらも高品質な液晶を使用しているのですが、CPUやGPU、メモリについてはこちらのモデルのほうが高性能だったりします。そういったことからスペックも含めた隠れたフラッグシップでありながらも、Core i7 10750Hモデルで約20万とお買い得度は非常に高いです。また、NVIDIAからもクリエイターモデルとして相応しいモデルに認定されているRTX Studio製品に認定されるなど、性能も妥協していません。Core i9のクリエイターモデルに比べ隠れがちのパフォーマンスプラスモデルですが、CPUとSSDRAID構成でない以外では同じ性能で十分すぎると思います。大学卒業記念に購入しましたが、非常にいい買い物になったと思います。

www.nvidia.com

 

 

HP ENVY15 パフォーマンスプラスモデル 購入

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

早速ですが、先日HPのENVY15のパフォーマンスプラスモデル(Core i9ではない4Kモデル)を買いました。

f:id:peugeot208:20210108164341j:plain

端が若干黒いのはのぞき見防止カバーをフィルターの上にかけているためです。

選んだ理由

RAW現像で使いたかったため、ある程度のスペックと色域の広いモニターを搭載するノートパソコンという条件で選びました。候補としてはDell XPS15 9500やGigabyte Aero15 OLED、MSI Prestige15、マウスDaiv 5Nでした。いずれもSRGBカバー率は100%近いモデルです。その中でも最後までXPSと悩みました。*1値段の割にスペックがよく、また色域変換機能付きということで現像に適していることからENVY15にしました。ここまで3か月くらいかかりましたw

納期

HPの納期はググれば出ますが、他社に比べ圧倒的に不満が多いです。とにかく納期が遅くて有名です。

そこで今回は私が注文してから届くまでの記録を載せておきます。

 

2020/11/29 注文(納期予定:2月上旬以降) 注文時点でSSD在庫切れ、入荷待ち

11/30 正式受注メール

12/1 欠品のお知らせメール

12/4確認 HP 納品予定日回答チャットボット   2月上旬以降→2月上旬

12/7 納期のお知らせメール(欠品)

12/11 欠品のお知らせメール

12/18確認 HP 納品予定日回答チャットボット   2月上旬→1月中旬

12/27確認 HP 納品予定日回答チャットボット   1月中旬→1月7日

12/28 納期確定メール

年末年始のためここから間が空いていますが、通常であれば短いと思います

1/6 伝票番号お知らせメール(ヤマト運輸)

1/7 到着(納品)

運よく?1か月程度で届きました。DELLよりちょっと遅いくらいです。しかし、時期や欠品・注文状況によっては当然さらにかかります。特に最近だとADM Ryzen7 4700uモデルなどは半年程度の納期となっているそうですし、過去にはクリスマスに注文したものがゴールデンウイーク前後に届いたという話もSNSにありました。急ぎの場合にはHPの即納モデルや、そもそもHP以外のメーカーにしたほうが精神的にもいいと思います。

 

分解結果

もちろんサポートの関係で分解はしていませんが、ソフトからある程度調べられるためその結果となります。また、BTOではないため、メーカー等は個体によって異なる場合もあります。

SSDサムスン製。samsung pm981aの2TBでした。読み込み速度3500MB/秒、書き込み速度3000MB/秒。規格はNVMe PCIe Gen3 x4です。クリエイターモデルだと1TB×2でこちらもレビューを見る限り日本のものはサムスン製がほとんどです。外国ではKIOXIA(旧東芝メモリ)もあります。このモデルはAHCIモードですが、クリエイターモデルはRAID 0モードです。

f:id:peugeot208:20210120163329p:plain

スピードも問題ありません。爆速です。

メモリもサムスン製。HP製はHPサポートアシスタントで確認できます。DDR4-3200の16GB×2でM471A2K43DB1-CWEです。ちなみにHPのホームページではDDR4-2933という記載がありました。初期のレビューではSK Hynix製のDDR4-2933メモリが刺さっていたものが多くあったので、たまたま変わったのか、途中で仕様変更したのかはよくわかりません。

内蔵無線LANintel wifi6 ax201でした。

ディスプレイは判明しなかったものの、OLEDの4KモデルかつDCI-P3カバー100%を備えていることからサムスン製SDC4145の可能性が非常に高いです。ちなみに工場でキャリブレーションを実施しているそうです。出典を参考までに載せておきます。普段サムスンディスプレイのGalaxy S10を使っているせいか、画面は違和感がなく見やすいです。

www.notebookcheck.net

マザーボードも上のサイトによればIntel HM470だそうです。

基本的なIntel Core i7 10750H + NVIDIA RTX 2060 with Max-Qなどは公式ページにもあるので省略します。

その他

パフォーマンスプラスモデルのレビューは少ないですが、クリエイターの方には気になる色域変換機能はこのモデルにも搭載されています。また、HPコマンドセンターでは初期設定のほかにパフォーマンスモード、冷却モード、静音モードがあります。

現時点では軽くLightroomCCで現像してETS2で遊んだくらいですが、どちらも不満はありません。パフォーマンスモードでETS2は正直うるさいです()

また気が向いたらレビューします。

*1:マウスは色域がそれほど広くない点、MSIはスペックの割に割高である点、Gigabyteは保証延長等が不可能なため外れました

2020年もありがとうございました

大学生活4年目、今年も地下アイドルのヲタクを辞められませんでした。

2月まで普通に現場へ行ってたのですが、3月は1度コンカフェ行ってそれ以来は在宅生活です。今年も地下アイドルの卒業が多かった気がします。それまでのビジネスモデルが一変したわけですから、当たり前だとは思いますが。それでもデビューする子もいるわけで*1新しい出会いもありました。

ちなみに今年から家計簿をつけるようになり、2020年はアイドル関係では年13万円ほどでした。マネーフォワード便利ですよね。原因は春頃に調子に乗ってオンライン系を買ってしまったことに尽きます。去年の秋ごろから続いたとんでもないDD状態もようやく秋になり落ち着き、来年こそは月6000円位(今年は年1万円程度)にしたいです。

今年も多くのアイドルであったり、フォロワーのヲタクの方にお世話になりました。コロナ前から個人活動の人間なのにも関わらず、現場や飲みに誘っていただけることもあり、本当に有難いことと同時にお断りすることに対しての申し訳なさもありました。また、忙しいにも関わらず頻繁にTwitterInstagramをチェックしてくれているアイドルにも会えずに申し訳ない気持ちでした。

ここまで趣味に関する暗い話題でしたが、明るい話題としては就活と教育実習を終え、大学卒業と教員免許の取得がすぐそこまで迫っていることです。といっても実際に確定するまでは気が抜けませんけど。悪いことばかりではなく、いいことだってもちろんやって来ます。あと、SonyのEマウントに移行するという目標もできました。何か(趣味に関する)目標があるとやる気が出るタイプなので。

 

今年も一年間ありがとうございました。 よいお年を

*1:デビューが延期になったこともあり、下半期(特に秋頃)に集中していたような気がします

15万円以下のRAW現像向きノートパソコン

※ 当ブログはアフリエイトプログラム等に一切参加しておりません。そのため、筆者の主観で選定しています。また、値段や情報については2020年12月現在のものとなっており、現在とは異なる可能性もございます。

 

前回の記事でもパソコンを紹介しましたが、高すぎるという意見があり作ってみました。

 

今回は印刷をしないという前提で、SRGBカバー率が高い(できるだけ100%か近いもの)液晶搭載モデルにしています。またRAW現像で使うことからもCPUはCore i7/Ryzen7 モデル、メモリは16GB以上としています。

 

15型モデル

いずれも15万円以下にも関わらず、外部GPUSSD搭載モデルです。メーカーサイトにもSRGB100%(比かカバー率かは不明)が明記されているため、色域は広く、印刷しない分であれば十分に使えると思います。13・14型モデルよりもスペックに余裕があることから、自宅据え置きであったり、滅多に持ち運ばない場合は15型モデルの方がコスパがいいです。気が向いたら13型・14型モデルについても書きます。

 

raytrek R5

www.dospara.co.jp

スペック(一例です)(カスタマイズ可)

Intel Core i7 10875H + 16GB DDR4-2666メモリ + 1TB NVMe SSDNVIDIA GeForce RTX 2060  SRGBカバー率約99%  137,478円

32GB DDR4-2666 メモリモデルは148,478円 

※ 2900円+税で16GB DDR4-2933 にできるのでこちらの方がおススメです

結論から言うと今回紹介する中では断トツにハイスペックです。3つ紹介しますが、おススメはこれです。コスパの高いBTOパソコンで有名なドスパラの作るクリエイターノートです。国内BTOだとマウスの方が有名かつ種類も多いですが、ドスパラにもraytrekというブランドがあります。スペックは文句のつけようがないレベルかつ、この値段で実現してしまうあたり凄いです。また、発送もBTOにも関わらず数日以内であることもうれしいです。残念な点はドスパラ全体に言えますがキーボードが特殊なことです。個人的にはこれだけ安いので余った分でカラーマネジメントモニターを買うのもアリだと思います。

Mouse Daiv 5P

www.mouse-jp.co.jp

スペック(一例です)(カスタマイズ可)

Intel Core i7 10750H + 16GB DDR4-2666メモリ + 1TB NVMe SSDNVIDIA GeForce GTX 1650  NTSC比72%(SRGB比約102%)  139,800円

マウスDaivシリーズの中でも15型のエントリーモデルになります。マウスはほぼ全てが長野県飯山で製造され、さらに製造品質も高いことで知られています。全体的に少し高めな印象のモデルもありますが、アフターサービス等も充実していることから番人におススメできます。1.53Kgと比較的軽量である点もメリットです。

Dell Inspiron 15 7000

www.dell.com

スペック(一例です)(カスタマイズ可)

Intel Core i7 10750H + 16GB DDR4-2666メモリ (8GB×2で片方はオンボード) + 1TB NVMe SSDNVIDIA GeForce GTX 1650Ti  SRGB100%  15万円程度

まずDellは定価はありますが、基本的に常にクーポンが適用できるため目安程度の値段となっています。セール時期は色々とネットに出ていますのでググってください。上2つに比べ納期も遅く高いことから積極的におススメできる理由は特にはないですが、タイミングが合えばお得に買えると思います。(適当でごめんなさい) XPS13よりはいいスペックです。

 

まとめ

ドスパラもマウスも結構品切れになる確率が高いです。品切れになると次の入荷まで1,2ヶ月程度時間がかかることもあるので早めの購入がいいと思います。印刷はあまりしないのでSRGBの色域で十分という方も多いと思います。実はSRGBカバー率の高いモデルは意外と多いのでもしかすればもっといいモデルがあるかもしれません。高いパソコンは嫌だけど、RAW現像でイライラするのも嫌、という人の役に少しでも立つことができればと思いました。