0からのフランス車生活

シトロエンC3に乗っています、乗り物(エアライン)・アイドルなど

航空券比較サイトの落とし穴

webサイトの中には各旅行会社や各航空会社の料金を比較できる便利なサイトがありますが意外と見落としがちな落とし穴もあります。

 

f:id:peugeot208:20190821131246j:plain

某航空券比較サイトです。

今回は2/10出発地発、2/16現地出発日、ビジネスクラスという条件で調べました。

ビジネスクラスという文字を覚えておいてください。

 

その後検索すると多くのものが出てきますが今回はそのうちの1つをクリックしました

 

f:id:peugeot208:20190821131715j:plain

このように同じ便ですが様々な旅行会社のものが出て来ます。

例えば近●日本ツーリストだと281,650円、エ●トリだと334,790円となっています。

同じ便なのに値段の差が結構あることがわかると思います。

 

次にここからエ●トリのサイトに飛びます

f:id:peugeot208:20190821132100j:plain

4便ありますがすべてのフライトにおいてビジネスクラスですね。

これは別になんでもありませんがすべてビジネスということを覚えておいてください。

 

次に近●日本ツーリストのサイトにアクセスします

f:id:peugeot208:20190821132403j:plain

4便のうち日本とソウルの便がエコノミークラスとなっています!(このサイトの批判ではないです)(アシアナ航空とかは全区間ビジネスになっていました)

 

このように航空券比較サイトは条件を入れるだけで簡単に比較ができるのでとても便利です。私もほぼ必ず使います。

しかしながら、一部ではありますが別のクラスが混ざっていることがたまーにあるので調べる際には気をつけてください!!

プレミアムエコノミーだと設定がないことがよくあるのでこのようなことがよくありますが、ビジネスでもたまーにあるのでw

AndroidハイエンドはGalaxy S10しかない理由

お久しぶりです。

 

今月、3年間使ったXperia X PerformanceからGalaxy S10に機種変更しました。

そこで今回はなぜGalaxy S10にしたのか、半月使ってみての結果を書こうと思います。

f:id:peugeot208:20190818153442j:plain

 

Apple製品の正規修理ができない

これがまずAndroidにした理由です。別に修理しないという方法や非正規で修理する方法もありますが個人的にはスマホは自力で修理できないので、修理するなら正規でしたいという考えです。私の地元(群馬県)だと正規サービスプロバイダが県で1箇所しかないために常に大混雑で予約を取るのも一苦労です。(ネットでも郵送できますが結構面倒)そのためDocomoショップに出せばいいDocomo端末(Android)にしました。

 

ワイヤレス充電機能が欲しかった

Xperia X Performanceではワイヤレス充電非対応だったので充電ケーブルが必要でした。ですが結構micro usbの端子が折れたりして不満がありました。そのため次はワイヤレス充電対応機種にしようと思いました。その結果、Docomo販売かつワイヤレス充電対応機種となりこの時点でGalaxy S10かAQUOS R3かGoogle Pixel3の三択になってしまいました。

 

 

長さが長くない端末がよかった

AQUOS R3は長さが156mmと片手操作では長く持ちにくかったです。そのためS10かPixel3の2択になりました。

 

ソフトのPixelかハードのGalaxyか

最後の最後まで悩んだところです。Pixelはgoogle純正ですのでソフトウェアは充実している(最初に更新を受けられる)のが大変魅力的でしたし最新のAI技術を駆使している点も魅力的でした。一方のGalaxyはRAMが8GBと一般的なPCレベルですし(Docomo取り扱いスマホの中では最大)ROMも128GBでmicro sdで増設できる点が魅力的でした。

本当はPixelのほうが個人的には良かったです。しかしながらRAMが4GBとやや少ない点(実際の使用者から常にRAMの70-75%程度使用してる状態と聞いた)や、端末のトラブル(電源が入らなくなるなど)がGalaxyに比べて高かったことから最終的にGalaxyにしました。またPixelは純正充電器(これが1万円もする上にオンラインショップでしか売ってない)でないと最高出力で充電できないという点も気になりました。

 

使ってみて(順次追加予定)

全体的にはかなり満足しています。

しかしながら起動時にpinコードを入力した際に最後にOKを押さないといけない点やカメラの手ブレ補正が弱い点が気になります。まあカメラに関してはPixelのほうが上ですし今回は重視していなかったので仕方ないです。

 

最後に

他社(特にSonySHARP)に比べバランスの良い端末だと思います。大きすぎず抑えるべきポイントはしっかり抑え、ゲームなどはより大画面のS10+へと一般ユーザ向けに特化してることで基本を抑えた使いやすい端末だと思います。(Xperia1は中途半端な気がします)SAMSUNG自体もHUAWEIなど中国新興メーカーに苦しんではいますがそれでも世界の多くの国で首位なだけある理由がなんとなくですがわかってきました。(Sonyみたいに迷走していない)

日本ではiPhone信者が多い(特に10代20代の7割以上、特に女子高生だと85%程度がiPhoneらしい)上に韓国や中国メーカー製品に対して抵抗がある人も多いので今後SAMSUNGにとっては厳しい市場だとは思いますが、今後とも良い製品を日本で発売してほしいと思います。Xperia1みたいに国内向けだけROM削ってるくせにDocomoでやたら高い

f:id:peugeot208:20190818154915j:plain

f:id:peugeot208:20190818155153j:plain

日本向けにはSAMSUNGという文字が消されているらしいです。

シトロエンC3で田舎道を30kmほど走ってみて

納車後ようやくシトロエンC3を運転しました!

全車がSUBARU XVということもあり、かなり軽い感じがしました!

左ウィンカーが私は徐々に慣れてきましたが、母親は全く慣れず20分運転していてずっとイライラしていました(笑)左ウィンカーの慣れは時間の問題だと思います。ウィンカーの音は木魚みたいな音なので好き嫌いがあると思いますが、私自身はガチャガチャしてないので好きです!

運転していて4速に入ると(時速60km手前あたりから)めちゃくちゃ気持ちいいです。揺れもほとんどなく浮いてるの?と思うほどです。日本の国道幹線道路を走るには最高の乗り心地です。

f:id:peugeot208:20190713173021j:plain

エンジンに関しても1.2ターボの3気筒ですが坂道もグングン走りますし、アクセルを踏むと加速が結構いいです。下り坂では自動でエンジンブレーキが効いたので便利でした。XVの2,0NAよりも加速に関してはすごかったです。車重が軽い分キビキビ走ります。

バックソナーですが障害物の結構手前から音が鳴ります。更に近くなると音がうるさくなるのではなくピッという音の間隔が短くなります。そのため感度は良いと思いました。

最後にですがConnectedCAMの映像を載せておきます!

8月後半-9月 バンコク行きビジネスクラスが片道3万円台???

バンコク行きビジネスクラスがなんと片道3万円台!!!

それもしっかりしたビジネスクラスシートです!!!

 

今回紹介するのはタイ・エアアジアXです。

エアアジアグループのタイ(バンコクドンムアン空港)発着の中長距離路線を担当する航空会社です。

f:id:peugeot208:20190623144833j:plain

でもLCCビジネスクラスって大したことないんじゃないの?

そう思う方もいるかもしれません。

しかしながらスクートなどと異なりエアアジアXビジネスクラスはかなり豪華でフルキャリアの1世代前くらいのビジネスクラスシートです。フルキャリアのプレミアムエコノミーよりは全然豪華なのに圧倒的に安いです!!!

 

プレミアムフラットベット

これが正式名称です

f:id:peugeot208:20190707164801j:plain

エアアジア公式サイトより

 

エアバスA330機材前方に18席用意されています。配列は2×2×2です。180°近くまで座席が倒れるのが特徴です。

ダラダラと説明してもわかりずらいので動画を載せます。動画を見ればわかるのですが読書灯や仕切り、コンセント、電動リクライニングなどを備えています。個人用モニターはありませんが逆にそれ以外はほぼ揃っています。

 

シート以外にも魅力があります

40kgまでの受託手荷物

無料の機内食

無料で座席指定可能

枕と掛け布団利用可

優先搭乗カウンター

優先搭乗

優先受託手荷物受け取り

タブレット貸出

などです。かなり豪華です!!

通常のビジネスクラスと受けられるサービスもほぼ同じです。

LCCとは思えないほどの豪華さです!

 

値段

肝心の値段ですがLCCなので当然ですが変動の幅がデカいです……

ただし高くても片道6万5000円程度のことが多いですね

今回は2019年8月20-9月10日のお盆終わりからシルバーウィーク前の期間で調べてみました。

成田発バンコク行き最安値は35,830円

バンコク発成田行き最安値は36,718円

とかなり格安でした!

更に最安値or最安値に近い日も多く存在しています!

この期間だとバンコク行きの最安値は8/21-31、9/1-5,7,9,10

成田行きの最安値は8/23,28,9/2-10

※ 7.8現在

と多く設定されていたので利用しやすいかと思います!

うまく組み合わせれば往復7万円程度でビジネスクラスということも可能です!

 

まとめ

ちょっとお高めですがLCCビジネスクラスバンコクっていうのもいいのでは?

いつもはフルキャリアのエコノミーでバンコクという方もこれを機に1度やってみてもいいかもしれません、値段はそれほど変わらないかこちらのほうが安いこともあるので!

シトロエンC3にMサイズフロアマット

フロアマットのことで悩んでいましたが適当に近所のイエローハットでMサイズのフロアマットを購入。

store.shopping.yahoo.co.jp

f:id:peugeot208:20190707153342j:plain

 

そんなに大きいクルマではないのでMサイズのフロアマットで十分でした。

シトロエンC3買ったんだけどフロアマットの大きさは?という人はぜひ参考にしてください。

種類はどれでも大丈夫だと思います