ぶるーらいおん

好き勝手に書いています

acronis true image wd edition でSSD換装

今回は2018年以来、3年半ぶりにSSD換装(クローン)を行いました。

前回の記事はこちら

peugeot208.hateblo.jp

今回使用したパソコンは2017年製のLAVIE Hybrid ZERO HZ750。ギリギリWindows11のアップデート対象にならなかったものの、勝手にWindows11にしました。ちなみにSSDは取り外しができるものの、メモリはオンボードタイプで交換不可です。

SSDはこちら

M.2 SSDですが今主流のNVMeではなく一世代前のSATA接続という中途半端な立ち位置のためSSDの種類も少なく、ほぼほぼ選べませんでした。(いつもはサムスンですが品切れだったこともあり今回はWDです)

ケースはこちら

M.2 SSDのケースは沢山あるのですが、SATAにも対応しているケースはあまりないです。ちなみに換装自体は成功しましたが、使ったWDのSSDは無理やり入れないとケースに入りませんでした。(性能自体は問題なかったです)

WDは無料のクローンソフトが使用可能なため、今回はacronis true image wd editionを使用しました。Crucialでも同様のソフトを使っているそうです。

 

手順

回復ドライブの作成

万が一失敗したときのために回復ドライブの作成をします。手順は載せるほどではないので省略しますが今回の工程の中で一番時間がかかりました。

SSD初期化

今回はケースの中にSSDを入れてパソコンに接続しました。新品未使用のSSDのため、ただつないだだけの場合はエクスプローラーを起動して出てくるデバイスとドライブでは認識されないため注意が必要です。

まずはコンピューターの管理にアクセスし、記憶域からデバイスの管理をクリックすると以下のような画面になります。

この場合だとディスク0が現在OSを動かしているSSD、ディスク1が今回クローン先となるSSDです。ここから今回クローン先となる方を選び、初期化します。

初期化の際にはMBRかGPTか選ぶことになりますが、今回は現在使用しているものがGPTであったためGPTで選択しています。
現在使用しているものがMBRかGPTどちらかについてはデバイスの管理を選び、そこから調べたいドライブを右クリックしてプロパティを選びます。そこからボリュームを選ぶとわかります。

クローン作業

無事に初期化が終わるといよいよクローン作業となります。

まずはWDのサイトからダウンロードしたAcronis True Image WD Editionをクリックし起動します。その後ツールを選び、ディスクのクローン作成を選びます。

クリックすると以下のような画面が出ます。

自動と手動があり、筆者は両方やってみましたが今回は自動をクリックします。

クリックをすると自動的にドライブを選んでくれ以下のようになります。

ソースディスク(元からある方)とターゲットディスク(今回クローンして入れる方)がありますが、ターゲットディスクが画面下部に表示されます。ちなみにソフト側でソースディスクとターゲットディスクを判別してくれる点は大変優れていると感じました。

このまま実行ボタンをクリックするとスタートです。

 

終了すると以下の画面が表示されます。いよいよSSD換装です。

まとめ

今までサムスンSSDでしか換装をしていなかったのですが、WDのクローンソフトも非常に簡単に操作ができました。今ではクローンのできる無料ソフトもないそうなのでケチらずにクローンソフトが付いているSSDを買いましょう(サムスン、WD、Crucialあたりが無難だと思います。)

サムスンのData Migrationも使用したことがありこちらは本当にクローンに特化したソフトですが、acronis true imageはクローンはもちろん、バックアップも作成できたりと多機能です。どちらも簡単ですが、サムスンの方がマニュアル等が充実している点で初めての場合はサムスンの方がいいかもしれません。

 

旅先のご飯

学生時代の友達と2回泊りで出かけることになりました。

1回目は私が考え、2回目は友達が考えることに。

彼の方が日程的に後なのにも関わらず、気を遣いかなり考えてくれました。

一方の私は地元ということもあり(彼も彼からすればよく知ってる場所ですが)、あの辺でいいかなくらいにしか考えていませんでした。

真面目に旅先でのご飯について考えたことがなかったため、こんないい加減になってしまいました()

 

前置きは長くなりましたが今回は旅先でのご飯事情についてです。

旅先で美味いものを食べたい、そう思い皆さん気合いが入るのかなと思います。

しかし筆者はいつも当たり外れのないチェーン店で済ませてしまいます。

理由は単純に失敗したくないからです。

もちろん地元のいい店って沢山あると思うのですが、私の旅において食の占める割合って高くないのでいつも後回しになってしまいます。あと、いい店は混んでるというのもあります。美味しいものは食べたいですが、それ以上に旅先での待ち時間って勿体ないという思いです。もちろん人と一緒なら話したりするのでいいのですが、一人旅だとなんだか勿体ない気がしていつも避けてしまいます。また、個人的にプランに詰め込みたくないという性格のせいかもしれません。

 

それでも地元の高級スーパーの握り寿司に入っていた信州サーモンと、テレビで偶然やっていた函館のハセガワストアのやきとり弁当は現地で一度食べてみたいなと思っています。何かのついでに美味しい店に行くのではなく、美味しい店に行くためだけに旅行に出てみたい、そんなことを考えたゴールデンウィーク前半でした。

アフリエイト抜きで語る、クレカの選び方

当ブログはアフリエイトなし、客観性があるかはわかりませんがそれなりにあるとは思います。

 

今回はクレカの選び方です。特に春は各社稼ぎ時ということもあり、かなりキャンペーンをやっているイメージがあります。数百種類あり悩みますが、何枚も作ればいいというものではないですから、枚数をできるだけ絞りかつそれなりの還元率で色々使えるを目標にしていきます。

もちろん1枚では足りませんが、多ければいいというものではなく管理できる程度の枚数にしておくことがいいと思います。もちろん、絞ればその分だけポイントもたまりやすくなります。

 

ステータスかお得さか

まずカードを選ぶにあたってはここかなと思います。一般的に銀行系・プロパーかそれ以外になります。前者のものは審査難易度が高めとされていることからステータスがある一方で*1、還元率等は低めで年会費の高いものがあります。

それ以外でもたくさんあり信販系(ジャックス・オリコなど)・流通系(楽天・マルイ・イオン・クレディセゾンなど)・通信系(dカードなど)交通系(JALANAJR東日本等)などがあります。区分わけは無限にできるのでこのくらいにしますが、こちらは前者に比べれば比較的審査難易度が低いことに加え、還元率等が充実し、年会費等も控えめになっています。

今回は特定のカードをオススメするというのではなく、あくまで選び方について書きます。またステータスを取る場合、選び方なんてないと思いますので省略します。

 

還元率か汎用性か

例えば1枚は最低還元率は1%であるものの、ポイントを他社のポイントに交換することができないカード。もう1枚は最低還元率は0.5%であるものの、ポイントを様々なポイントに交換できるカードどちらが自分に合っているかというところから始まります。例えば楽天経済圏やドコモ経済圏と強く関係がある場合は前者、特にそうした縛りがないようであれば後者(三井住友カードのVポイントやJCBのOkiDokiポイントなど)が向いていると思います。これは好みの問題なので自分に合っている方がいいと思います。基本的には自社ポイントが貯まり、他社ポイントへの交換ができないor難しいカードは還元率が高い傾向にあります。

最大○○%という広告が目につきますが、よく考えてみてください。カードを使う機会はそのサービスだけですか?。何枚も使い分ける方法もありますが、個人的には管理の面からあまりよろしくないと思っています。そこでこうした基準を作りました。実は最大○○%でも、最低還元率は0.5%というカードが世の中には沢山あります。もちろん還元率が全てではありませんが、どうせ使うなら高いに越したことはないと思うので。ただし年間100万円決済する場合などはこの限りではありません。理由は後述します。

更に加えるとポイントが1ポイント1円相当になるのかということもあります。常に浸透している楽天ポイントやdポイントのように1ポイント1円であればわかりやすいです。例えばプロパーJCBのOkiDokiポイントの場合、月額利用額1000円に対して1ポイントたまります。しかし1ポイントはnanacoポイント5ポイント(nanacoポイントは1ポイント1円で利用できる)に交換できます。この結果最終的に1000円でnanaco5ポイントになるので還元率は0.5%となります。しかし、1ポイントで5円相当になる交換先は多くなく、実際には4円相当になるものが多いです。(OkiDokiポイントからdポイントなど)

デビットカードプリペイドカードは基本的に低いのでここでは割愛します。あと、新規加入○ヶ月というような期間限定で増えるというものも注意です。

 

年間利用額によってボーナスポイントがもらえるか

必ずしも1%に拘る必要がないのはこれが理由です。年間決済額50万くらいから、多くは100万円決済することでボーナスポイントがもらえるカードがゴールドカードを中心にあります。こうしたことからも、カードは絞って使う方がお得になることもあります。カードによっては通常0.5%還元ですが、100万円決済でボーナスポイントを含めて1.5%になるというようなものもあります。

 

 

ここから先はおまけ程度に

ポイントのつき方

1%だから100円の決済で1ポイントつくとは限りません。カードには月の利用金額に応じて1000円につき10ポイントや、1回の決済で200円につき1ポイントなど様々です。この辺はカード会社も小さく記載してあるだけなのでググってみるといいかもしれません。月の利用金額でポイント付与するものはそれほど損はしませんが、1回の決済で1000円につき10ポイントのようなものは気を付けてください。10回100円の買い物をしても0ポイントです。

 

付帯サービス

ショッピング保険とか旅行の損害保険やETCカードがメインかなと思います。保険は完全におまけ程度だと思っているので個人的にそこまでは気にしていません。ETCカードがメジャーかなと思いますが、カードの発行料や年会費が無料でも、ETCカードの新規発行は有料のものも実は結構あるので気を付けてください。

その他だと電子マネーやタッチ決済の対応です。カードによってはiDやQuicpaySuicaを搭載しているものがあります。これらがあることで、対応店舗や金額によってはカードをタッチするだけで済むことから、セキュリティ面からもいいです。(カード番号が相手方に伝わらない)。2020年頃からVisaタッチやマスターカードコンタクトレスに対応したカードもあります。(特にVISA) apple payでは手持ちのJCB、MasterCard、Amexカードを登録すると多くの場合でiPhone等端末経由でコンタクトレス決済ができます。Suica等と異なり世界各地で使えるので外国への渡航が今後見込まれる場合にはあってもいいかもしれません。

 

国際ブランド

Visa、マスターが世界的には2大勢力です。どちらか、あるいは両方あっていいと思います。インターネットだとこの2つしか使えないことが意外とあります。若干マスターの方が多いらしいです。(コストコはMasterCard限定です)

JCBは日本発ブランドですが、アメックスと提携している関係で実は多くの店舗でJCBが使える店はアメックスが使うことができ、その逆もあります。この2つのブランドはVISAやマスターに比べ普及率も高くないことから、片方あれば十分ですし、なくてもいいと思います。中国銀聯ダイナースクラブは必要な人以外は別にいらないと思います。

apple payの場合、Visaだと登録できるカードがカード会社によって異なるため、余裕があればそこまで考慮して選ぶのもアリだと思います。

 

結論

1枚は国際ブランドはVisaかマスターカードのものを。VISA、マスター、JCB多くて各ブランド1つずつの計3枚あればそれ以上作る必要はないと思います。JCBやVisaはプリペイドカードやデビットカードも多いので、審査のないそうしたカードを作り、国際ブランドをカバーするなど答えは無数にあります。あなた次第です。

*1:銀行系でさえもゴールドカードのインビテーション乱発しているため微妙です

2022年4月を振り返って

ゴールデンウィークに突入しました。ちなみに間にある平日は仕事です。

 

アイドルヲタク

都内に用事があったついでに1回だけ行きました。


福原遥さんのファン

ようやく正直不動産を観始めました。WowWowの方は契約していないので観れていません。


カメラ

今月久しぶりに動きがありました。

1点目は念願であったポートレート撮影に初めて挑みました。(スタジオ撮影) モデルさんと1時間1対1で撮影する個人撮影会でしたが、コミュニケーションを取りながら撮影できるので初心者でも気楽に撮影できて良かったです。アイドル現場程は密にならない点は安心です。ただし、スピードライトの扱い方など課題は山積みとなり、次回の撮影(未定)までに少しでも腕が上がればと思いました。

もう1点はまだカメラを買い替えていないものの、5月からプログレードデジタル製品が大幅値上げということで急遽、CFExpress Type-Bカード(プログレードのコバルト325GB)を購入しました。1枚5万円なので何気に痛いです。


クレジットカードなど

三井住友カード ゴールド(NL)を発行しました。またそれに合わせてSBI証券の口座を三井住友カード仲介口座に変更しました。とりあえず三井住友カードビューカードと2枚あるのでしばらく新規発行はしません。


まとめ

いよいよフラッグシップ機が買えるクレジットカードも揃い、カメラの買い替え準備が始まりました。プログレードは最近できたメーカーですが、コバルトシリーズNikon Z9やEOS R3といったフラッグシップ機の推奨記録媒体であったりと機材をNikonに切り替えた10年前とは大違いだなと実感しています。

 

三井住友 ゴールド(NL)を作りました

遅くなりましたが、三井住友カード ゴールド(NL)を作りました。定番中の定番です。

今回はなぜこのカードを作ったのかを振り返り、そして簡単なレビューも交えます。

f:id:peugeot208:20220417135513j:plain

高額出費時に1枚では不安

既に1枚ビックカメラSuicaカードがあり、今年に入り増枠されたのですがさすがに1枚だけでは不安を感じました。特に超高額決済があるわけではないのですが、今後カメラの購入時に一時増枠をしてしまうと、増枠したカードは支払日までは使えなくなってしまうなど現代の生活では極めて厳しくなってしまうからです。(もちろんデビットカードの使用など回避方法はあります) むやみやたらに枚数を増やす気はありませんが、2枚くらいはあった方がいいと思ったからです。

検討したカード

エポスゴールドカード

カード界隈では有名なカードです。ダイヤモンドオンラインでは楽天カードと並び勝ち組と書かれていた記事がありました。還元率だけ考えればこれをメインにすれば間違いないです。しかし筆者は以下の理由で見送りました。

マルイに用事がない

ポイントはネットショッピング分を充当できるサービスやdポイントへの交換もできるため問題はありませんが、用事がないのに作るのは勿体ないと感じたためです。もちろん悪い点ばかりではなく、モバイルSuica等への各種チャージ等でもポイントが貯まる点など還元率だけで考えれば三井住友ゴールドNLを超えます。しかし、筆者は既にビューカードを持っていてJREポイントも貯めているために見送りました。

インビテーション待ちが面倒

エポスゴールドは新規発行が可能ですが(民法改正で18歳でも作れます)、新規発行の場合には審査が厳しく、ノーマルカードからのインビテーションが一般的です。(基準はありませんが調べれば出てきます)インビテーションは絶対ではなく直近1年の間には間違いなく年100万円の出費があるために、初年度無料かつ年100万円使用で確実に年会費無料になる三井住友を選びました。

 

決めてとなった部分

完全ナンバーレスカード

最近では裏面にカード番号等を集約するタイプのものは増えてきましたが、まだ完全にカード自体に番号等が載っていないカードは現時点では三井住友を含め3社(残りはセゾンとPayPayカード)しかありません。もちろんスキミング防止等のメリットもありますが、アプリ等で番号を確認しなければならない点などもありすぐに普及するとは考えにくいです。ただし筆者の場合、KyashやRevolutをメインで使用していた時期があり、そのときにはいつもアプリで番号等を確認していたので全く抵抗はありません。

Google PayでVisaタッチが使える点

実はエポスカードも使用できます。Apple Payは使用できるカードが結構ありますが(既に保有しているビューカードもです)、筆者はGalaxyを気に入っているため必然的にGoogle Payという選択肢になり、クレジットカードでvisaタッチ登録できるのは先程記載したエポスと三井住友しかありません。特にVisaタッチはSuicaと違い、マネーフォワードなど家計簿アプリと連携する際に、使用店舗名等が表示されます。もちろんiDやQuicpay+にも当てはまりますが、これからは世界規格のコンタクトレス決済が普及することはほぼ間違いないため、スマホでVisaタッチは私にとっては譲れない点となりました。

ちなみに三井住友の場合、Visaタッチに加えてiDの登録もできます。

ポイントの利便性

有名どころで言えば楽天カードがありますが、筆者のように楽天経済圏にいない人からすればいくら還元率が良くても正直微妙です。三井住友カードの場合はvポイントというポイントが貯まります。vポイントはカード利用代金の充当やレートは落ちますが、dポイントやヨドバシカメラのゴールドポイントにできたりと使い道が多種多様にあります。個人的にためるポイントを増やしても分散するだけなので、Vポイントの利便性はとても良いです。

 

実際に発行してみて

良かった点

利用通知が爆速

利用通知はアプリの通知、Line、メールと選べますが、いずれも使用から2,3分で通知が届きます。ただし明細については確定後になるので約3~4営業日程度かかり、こちらはビューカードと大差ないです。

Google Payでも使えるタッチ決済

筆者は既にRevolutで経験済みではありますが、いちいちカードを出さずともVisaタッチがスマホでできる点は非常に便利です。

店舗で安心して出せるナンバーレス

郊外ではあるあるのドライブスルーなどでは店員さんにカードを渡すため、完全ナンバーレスである点でスキミングリスクがないために安心してカード決済ができます。

また、ネットショッピングの際にも実際にカードを財布から出さずとも、アプリで番号を確認できる点はとても便利でした。

デザイン

筆者はグリーンベースのゴールドカードですが、このデザインがとにかくかっこいいです。安っぽさが全くなく、銀行系カードらしい高級感があってとても好きです。

 

残念な点

iDの利用通知だけが遅い

たまたまかもしれませんが、iDだけは利用通知が明細に載る決済確定のタイミング(決済から3営業日後位)に届きました。

カード番号の通知書にセキュリティコードが載ってない

カードとともにカード番号や有効期限等の書かれた紙が届くのですが、そこにセキュリティーコードが載っていませんでした。確かにvpassアプリで確認するということが前提なので仕方ないことですが、この点は惜しかったです。

 

まとめ

ポイントをガンガン貯めるというよりは使いやすさに重きが置かれているカードだと思いますが、年100万円以上でボーナスポイントが付与されたりとお得感はそれなりにあると思います。裏技的な使い方ですが、オムニ7やタワーレコードのコンビニ受け取りで5%還元になるのはかなり強いです。今時カードにステータスなんてないと思いますが、それでも銀行系ゴールドカードは持っていて安心感があります。