ぶるーらいおん

思ったままに… アフリエイト非参加

スタアラシルバー VS ワンワールドルビー VS スカイチームエリート どれが良いのか?

今回は航空連合の一番下の上級会員にについて比較してみます。いずれも上級会員と聞いて想像するような航空会社のラウンジの使用はできません! そのためあまり話題にもなりませんし、これを目指す人は一度も聞いたことがありませんが(ゴールドになるためにはシルバーを経由しないといけないために一時的になる人はいますが)まとめてみようかと思います。

特典内容

スターアライアンスシルバーの特典

f:id:peugeot208:20210216123944p:plain

ワンワールドルビーの特典

f:id:peugeot208:20210216132850p:plain

スカイチームエリートの特典

f:id:peugeot208:20210216133007p:plain

 

この3つだと言うまでもなくどれも微妙ですが、それでもスカイチームエリートは特典がそれなりに充実しています。優先チェックインはOne Worldにもありますが、優先搭乗と手荷物許容量の追加は嬉しいポイントかつスカイチームだけです。

スタアラシルバーは厳しく言えばほぼ特典なしです、イレギュラーなときのみに役立つだけなのでわざわざなるほどではないと思います。

会員へのなりやすさ

スターアライアンスシルバー

 以下の記事を参考にしてください

peugeot208.hateblo.jp

一番楽そうなエジプト航空で30000マイル、維持に2年で15000マイルまたは16フライトです。2で割れば年7500マイルまたは8フライトなので、一度シルバーになればできなくはないと思います。

ただし、やる価値があるかは微妙です。正直ステータスなしでもANAのマイル貯めた方が貯まるし使いやすいので。

ワンワールドルビー

一番楽そうなのがロイヤル・ヨルダン航空のロイヤルクラブです。ルビーの付帯するシルバー会員になるには1年で15000マイルまたは14フライトです。維持には一年に12000マイルまたは12フライトです。

こちらはビジネスクラスのチェックインカウンターがOne World加盟エアラインで使えますがそれでも微妙です。

スカイチームエリート

一番なりやすく、かつ利益も3つの中では一番享受できます。ただし国内の加盟航空会社はないので外国に行く機会があればやる価値があります。

そしてスカイチームはお金さえ払えばステータスを取得かつキープする方法があります。それも複数! 

ベトナムエアラインズカードの発行

これが最速です。これは三井住友カードから出ているもので、条件も18歳以上(高校生不可)と極めて普通で年会費も5500円(初年度無料)とリーズナブルです。

このカードを持つことで無条件にスカイチームエリートになることができます。ベトナムエアラインズゴールドカードもありますがこちらは44000円と高く、ベトナム航空の利用以外では特に差がつかないのでこちらで機能としては十分です。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの発行

アメックスのカードで年会費は13200円と一般的なゴールドカード並、グリーンのプロパーのアメックスと同じ値段となっています。

こちらは初年(最初のプログラム期間)はスカイチームエリートが自動付帯しますが、2年目以降は前年(前プログラム期間)の決済額が100万円以上の場合のみ付帯します。もしもメインがデルタ航空の場合には当然条件が厳しくても、自社の会員ということで優遇されます。100万円のハードルはそれなりに高いと思いますが、家族カードでの決済も合算できるので方法はあるのかなと思います。

番外編

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの発行

超有名カードで、かつては所有するだけでスカイチームエリートプラスになることができたカードでした。年会費は28600円とかなり高いですが、現在でも初年(最初のプログラム期間)はエリートプラスになることができます。2年目以降は先ほど紹介したカード同様に100万円以上でスカイチームエリート、150万円以上でスカイチームエリートプラス資格を得ることができます。こちらはより難易度が高いですが、エリートプラスではラウンジの利用ができることなど多くのメリットがあります。デルタは2021年春に羽田空港に自社ラウンジを設置することもあり、これから増々使いやすくなる航空会社なのかなと思います。

不安定なスカイチームエリート

優先搭乗ができると何度も伝えていますが、航空会社と空港によって扱いが違うようです。

以下の3枚は2018年秋に羽田空港で撮影したチェックインカウンターです。

f:id:peugeot208:20210216143441j:plain

f:id:peugeot208:20210216143423j:plain

f:id:peugeot208:20210216143405j:plain

大韓航空のものはSkyTeam Eliteと記載されていません。このときはスカイチームエリート用カウンターも見つからなかったので一般と同じなのかもしれません。スカイチームエリート会員をチェックインカウンターでどのように扱うのかは航空会社によってバラツキがあるようでした。これは他の方もブログで発信されていました。

その一方、中国東方航空ではお手荷物規定のサイトに「スカイチームエリート会員の方23 kg以内の手荷物1個まで無料追加分としてお預かりします。 」と記載がありました。